熱中症の症状・予防と対策にはBCAAが不可欠

熱中症は、高温多湿な環境に、私たちの身体が適応できないことで生じるさまざまな症状の総称です。

症状としては、めまいや立ちくらみ、顔がほてるなどの症状が出たら、熱中症のサインです。一時的に意識が遠のいたり、腹痛などの症状が出る場合もあります。

また、「こむら返り」と呼ばれる、手足の筋肉がつるなどの症状が出る場合があります。

筋肉がピクピクと痙攣したり、硬くなることもあります。

体がぐったりし、力が入らない。吐き気や嘔吐、頭痛などを伴う場合もあります。

拭いても拭いても汗がでる、もしくは全く汗をかいていないなど、汗のかき方に異常がある場合には、熱中症にかかっている危険性があります。

体温が高くて皮膚を触るととても熱い、皮膚が赤く乾いているなどの症状も熱中症のサインです。

喉が渇いていなくても、こまめに水分をとりましょう。

スポーツドリンクなどの塩分や糖分を含む飲料は、水分の吸収がスムーズにでき、汗で失われた塩分の補給にもつながります。

バランスのよい食事やしっかりとした睡眠をとり、丈夫な体を作りましょう。

体力、活力に自信が無い人は、活力向上効果のある精力サプリもオススメです。

最近話題のクラチャイダム入りの精力剤が中でも特にオススメですが、クラチャイダムにはBCAAが豊富なので、特にこちらのサプリがオススメです。

参照ブログ クラチャイダムゴールドに含まれるBCAAとは?

私もこの人の体験ブログを読んでクラチャイダムサプリを飲むようになりましたが、かなり元気に過ごせているので効果は十分にあると思っていいかと思いますよ。

体調管理をすることで、熱中症にかかりにくい体づくりをすることが大切です。

20160629221450

暑さは日々の生活の中の工夫や心がけで和らげることができます。

適度な空調で室内の温度を快適に保ったり、衣服を工夫することで、熱中症の危険を避けやすくなります。

また、日よけをして直射日光を避けましょう。

帽子をかぶったり、日傘を差すことで直射日光を避けましょう。また、なるべく日かげを選んで歩いたり、日陰で活動したりするようにしましょう。

暑さや日差しにさらされる環境で活動をするときなどは、こまめな休憩をとり、無理をしないようにしましょう。

携帯型熱中症計やテレビ、Webなどで公開されている熱中症指数で、熱中症の危険度を気にしましょう。

もし、熱中症かなと思うようなサインがあったときは、すぐに応急処置を行い、病院などの医療機関へ連れていきましょう。

軽めの症状でしたら熱中症対策のサプリメントもあります。

暑い日が続いていますので、体調管理に気を付けましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です